研究成果

  1. 論文
  2. 学会発表
  3. 総説
  4. その他

論文

  • pH as a key factor defining the niche space of the alpine crustacean species Daphnia tanakai.
    Iwabuchi T, Togashi H, Okubo S, Tsuchiyama Y, Yamaguchi H, Hidema J., Urabe J.
    Limnol Oceanogr. In press.
  • The vestibular system is critical for the changes in muscle and bone induced by hypergravity in mice.
    Kawao N, Morita H, Obata K, Tamura Y, Kaji H.
    Physiol Rep. 2016. In press.
  • Functional differentiation in UV-B-induced DNA damage and growth inhibition between highland and lowland ecotypes of two Arabidopsis species.
    Wang QW, Nagano S, Ozaki H, Morinaga S, Hidema J, Hikosaka K.
    Environ Exp Bot. 2016 Nov;131:110-9.
  • Extremotolerant tardigrade genome and improved radiotolerance of human cultured cells by tardigrade-unique protein.
    Hashimoto T, Horikawa DD, Saito Y, Kuwahara H, Kozuka-Hata H, Shin-I T, Minakuchi Y, Ohishi K, Motoyama A, Aizu T, Enomoto A, Kondo K, Tanaka S, Hara Y, Koshikawa S, Sagara H, Miura T, Yokobori S, Miyagawa K, Suzuki Y, Kubo T, Oyama M, Kohara Y, Fujiyama A, Arakawa K, Katayama T, Toyoda A, Kunieda T.
    Nat Commun. 2016 Sep 20;7:12808. doi: 10.1038/ncomms12808.
  • Long-term exposure to microgravity impairs vestibulo-cardiovascular reflex.
    Morita H, Abe C, Tanaka K.
    Scientific Reports, 10.1038/srep33405.
  • rogravity impairs vestibulo-cardiovascular reflex.
    Morita H, Abe C, Tanaka K.
    Sci Rep. 2016 Sep 16;6:33405. doi: 10.1038/srep33405.
  • Identification of mutations through dominant screening for obesity using C57BL/6 substrains.
    Hossain MS, Asano F, Fujiyama T, Miyoshi C, Sato M, Ikkyu A, Kanno S, Hotta N, Kakizaki M, Honda T, Kim SJ, Komiya H, Miura I, Suzuki T, Kobayashi K, Kaneda H, Kumar V, Takahashi JS, Wakana S, Funato H, Yanagisawa M.
    Sci Rep. 2016 Sep 2;6:32453. doi: 10.1038/srep32453.
  • LY6E: a conductor of malignant tumor growth through modulation of the PTEN/PI3K/Akt/HIF-1 axis.
    Yeom CJ, Zeng L, Goto Y, Morinibu A, Zhu Y, Shinomiya K, Kobayashi M, Itasaka S, Yoshimura M, Hur CG, Kakeya H, Hammond EM, Hiraoka M, Harada H.
    Oncotarget. 2016 Aug 29. doi: 10.18632/oncotarget.11670. [Epub ahead of print]
  • UV-B induced DNA damage and UV-B tolerance mechanisms in species with different functional groups coexisting in subalpine moorlands.
    Wang QW, Kamiyama C, Hidema J, Hikosaka K.
    Oecologia. 2016 Aug;181(4):1069-82. doi: 10.1007/s00442-016-3644-z. Epub 2016 Apr 30.
  • Identification of embryonic precursor cells that differentiate into thymic epithelial cells expressing autoimmune regulator.
    Akiyama N, Takizawa N, Miyauchi M, Yanai H, Tateishi R, Shinzawa M, Yoshinaga R, Kurihara M, Demizu Y, Yasuda H, Yagi S, Wu G, Matsumoto M, Sakamoto R, Yoshida N, Penninger JM, Kobayashi Y, Inoue J, Akiyama T.
    J Exp Med. 2016 Jul 25;213(8):1441-58. doi: 10.1084/jem.20151780. Epub 2016 Jul 11.
  • The relationship between widespread changes in gravity and cerebral blood flow.
    Ogawa Y, Yanagida R, Ueda K, Aoki K, Iwasaki K.
    Environ Health Prev Med. 2016 Jul;21(4):186-92. doi: 10.1007/s12199-016-0513-7. Epub 2016 Feb 9.
  • Visualization of Neuregulin 1 ectodomain shedding reveals its local processing in vitro and in vivo.
    Kamezaki A, Sato F, Aoki K, Asakawa K, Kawakami K, Matsuzaki F, Sehara-Fujisawa A.
    Sci Rep. 2016 Jul 1;6:28873. doi: 10.1038/srep28873.
  • Fluid dynamics alter Caenorhabditis elegans body length via TGF-β/DBL-1 neuromuscular signaling.
    Harada S, Hashizume T, Nemoto K, Shao Z, Higashitani N, Etheridge T, Szewczyk NJ, Fukui K, Higashibata A, Higashitani A.
    npj Microgravity 2016 Jun;2:16006. doi:10.1038/npjmgrav.2016.6.
  • Characterization of fungi isolated from the equipment used in the International Space Station or Space Shuttle
    Kazuo Satoh, Takashi Yamazaki, Takako Nakayama, Yoshiko Umeda, Mohamed Mahdi Alshahni, Miho Makimura, Koichi Makimura
    Microbiology and Immunology 2016 May; 60(5):295-302. doi: 10.1111/1348-0421 1.12375
  • ADAM12-deficient zebrafish exhibit retardation in body growth at the juvenile stage without developmental defects.
    Tokumasu Y, Iida A, Wang Z, Ansai S, Kinoshita M, Sehara-Fujisawa A.
    Dev Growth Differ. 2016 May;58(4):409-21. doi: 10.1111/dgd.12286. Epub 2016 May 16.
  • Plant nuclei move to escape ultraviolet-induced DNA damage and cell death.
    Iwabuchi K, Hidema J, Tamura K, Takagi S, Hara-Nishimura I.
    Plant Physiol. 2016 Feb;170(2):678-85. doi: 10.1104/pp.15.01400. Epub 2015 Dec 17.
  • Microgravity elicits reproducible alterations in cytoskeletal and metabolic gene and protein expression in space-flown Caenorhabditis elegans.
    Higashibata A, Hashizume T, Nemoto K, Higashitani N, Etheridge T, Mori C, Harada S, Sugimoto T, Szewczyk NJ, Baba SA, Mogami Y, Fukui K, Higashitani A.
    npj Microgravity 2016 Jan;2:15022. doi: 10.1038/npjmgrav.2015.22.

学会発表

  • 閉鎖環境ストレス下におけるストレス対処力の指標としてのSOC(Sence of Coherence)連続測定の試み
    笹原 信一朗
    第62回日本宇宙航空環境医学会大会, 愛知医科大学(愛知県長久手市), 2016/10/14(口頭発表)
  • Development of 3D-clinostat synchronized heavy-ion irradiation system
    Ikeda H, Hidema J, Nikawa T, Yoshida Y, Souda H, Kanai T, Takahashi A
    11th Asian Microgravity Symposium, Hokkaido University, 2016/10
  • 疑似微小重力下における枯草菌の形質転換
    井之口万貴, 葛城秀一, 谷佳津治
    第66回日本薬学会近畿支部総会・大会, 高槻, 2016/10 (ポスター発表)
  • ISSを利用した植物の太陽粒子線による障害とその修復機構に微小重力環境が及ぼす影響解析
    日出間純, 泉正範, 寺西美佳, 中村咲耶, 高橋昭久
    第62回日本宇宙航空環境医学会大会・日本宇宙生物科学会第30回大会, 愛知医科大学, 2016/10
  • 擬似微小重力環境における高精度重粒子線同期照射システムの開発
    高橋昭久, 池田裕子, 想田光, 金井達明, 吉田由香里, 日出間純, 二川 健
    第62回日本宇宙航空環境医学会大会・日本宇宙生物科学会第30回大会, 愛知医科大学, 2016/10
  • 植物の重力感知・適応におけるカルシウムシグナルの役割
    古市卓也, 中野正貴, 豊田正嗣, 矢野幸子, 笠原春夫, 鎌田源司, 飯田秀利, 曽我部正博, 辰巳仁史
    日本宇宙生物科学会第30回大会, 愛知医科大学, 2016/10/1
  • Effects of chronic restraint-induced stress on radiation-induced chromosomal aberrations in mouse splenocytes.
    Katsube T, Wang B, Tanaka K, Ninomiya Y, Varès G, Kawagoshi T, Shiomi N, Kubota Y, Liu Q, Morita A, Nakajima T, Nenoi M.
    Workshop of Radiation Medicine and Protection, The Institute of Radiation Medicine, Chinese Academy of Medical Sciences, Tianjin, China, 2016 Sep 10.(口頭発表)
  • 前庭破壊後の重力環境変化による視床下部摂食関連ペプチド変化
    吉村充弘,園田里美,元嶋尉仁,丸山崇,橋本弘史,森田啓之,上田陽一
    第16回日本内分泌学会九州支部学術集会, 鹿児島(かごしま県民交流センター),2016/9/10
  • Effect of noisy galvanic vestibular stimulation on locomotion in patients with bilateral vestibular dysfunction. Iwasaki S, Fujimoto C, Egami N, Kinoshita M, Kamogashira T, Yamasoba T.
    2016 Annual CORLAS Meeting, Bordeaux, France, 2016 Aug 31.
  • 閉鎖環境ストレス下におけるNIRS(光トポグラフィー)測定の試み
    笹原 信一朗
    第26回体力・栄養・免疫学会大会, 長崎大学文教キャンパス(長崎県長崎市),2016/8/27(口頭発表)
  • In-vivo behaviors of pre-osteoclasts in c-fms transgenic and knock-out medaka fish
    Masahiro Chatani, Kazushi Aono, Masamichi Takami, Akira Kudo
    26th Australian and New Zealand Bone and Mineral Society Annual Scientific Meeting, Gold Coast Convention and Exhibition Centre, 2016 Aug.(ポスター発表)
  • Roles of FKBP5, a novel factor induced by gravity change, in skeletal muscle.
    Shimoide T, Kawao N, Tamura Y, Morita H, Kaji H.
    The Joint Annual Scientific Meetings of the Endocrine Society of Australia, the Society for Reproductive Biology and the Australian and New Zealand Bone and Mineral Society, Gold Coast Convention and Exhibition Centre, Gold Coast, Australia, 2016 Aug 21-24.
  • ナルフラフィンの構造を基にしたオレキシン1受容体選択的拮抗薬の設計・合成およびその薬理作用
    山本直司, 谷田誠浩, 大類彩, 岡田卓大, 斉藤毅, 沓村憲樹, 南雲康行, 入鹿山容子, 石川有紀子, 小川靖裕, 柳沢正史, 長瀬博
    第36回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム, 北海道大学, 2016/8/20
  • 過重力負荷後のマウス視床下部摂食関連ペプチド変化における前庭破壊の影響
    吉村充弘,園田里美,元嶋尉仁,丸山崇,橋本弘史,森田啓之,上田陽一
    第26回日本病態生理学会大会,金沢(金沢医科大学), 2016/8/6
  • 重力変化に反応する新規因子FKBP5の骨格筋における役割
    下出孟史,田村行識,河尾直之,岡田清孝,森田啓之,梶 博史
    第34回日本骨代謝学会学術集会,大阪(大阪国際会議場),2016/7/20–23
  • 重力変化は前庭系と交感神経系を介して筋量と骨量に影響をおよぼす
    河尾直之,森田啓之,小畑孝二,田村行識,奥本勝美,梶 博史
    第34回日本骨代謝学会学術集会,大阪(大阪国際会議場), 2016/7/20–23
  • 重力変化の前庭系を介する筋・骨への影響におけるフォリスタチンの役割
    河尾直之,森田啓之,小畑孝二,田村行識,梶 博史
    第34回日本骨代謝学会学術集会,大阪(大阪国際会議場),2016/7/20–23
  • エピジェネティクスと骨格筋の適応性変化
    河野史倫, 小野悠介, 二村圭祐, 大平充宣, 中田研, 中井直也
    第24回日本運動生理学会大会・シンポジウム1, 熊本大学, 2016/7/23
  • オレキシン受容体作動薬:創薬への展望
    長瀬博
    日本睡眠学会第41回定期学術集会, 京王プラザホテル, 2016/7/7 (口頭発表)
  • c-fmsトランスジェニックメダカとc-fmsノックアウトメダカの駆使により明らかになった生体内破骨前駆細胞の動態
    茶谷昌宏, 青野一志, 高見正道, 工藤明
    第34回日本骨代謝学会学術集会, 大阪国際会議場, 2016/7
  • TRAPノックアウトメダカが示すALP活性化と骨形成の促進
    茶谷昌宏, 北島未紀, 高見正道, 工藤明
    第34回日本骨代謝学会学術集会, 大阪国際会議場, 2016/7
  • サツマイモ茎内の蒸散流におよぼす低重力の影響
    徳田綾也子, 北宅善昭, 平井宏昭
    植物生理化学会, 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2016/7
  • Space Flight Experiment: Temporal Changes in the Skin Fungal Microbiomes of Astronauts in the International Space Station
    Takashi Sugita, Takashi Yamazaki, Shin Yamada, Koichi Makimura, Otomi Cho, Hiroshi Oshima, Noriaki Ishioka and Chiaki Mukai
    Joint Conference, 30th International Symposium on Space Technology and Science, 34th International Electric Propulsion Conference, 6th Nano-satellite Symposium Kobe, Japan, 2016 July (口頭発表)
  • Effects of the combination of CO2 and cephalad fluid shift on dynamic cerebral autoregulation.
    Kurazumi T, Iwasaki K, Ogawa Y, Yanagida R, Aoki K.
    16th International Symposium on Intracranial Pressure and Neuromonitoring in conjunction with the 6th Annual Meeting of the Cerebral Autoregulation Research Network, MIT, Cambridge, MA, 2016 Jun 28-July 2.
  • VEMP (Basic)-The neural basis of vestibular evoked myogenic potentials. Characteristics of oVEMPs in response to air-conducted sound and bone-conducted vibration.
    Iwasaki S.
    29th Barany Society Meeting, Seoul, Korea, 2016 Jun 8.
  • 遺伝子改変メダカを用いた骨研究
    茶谷昌宏, 高見正道
    第330回昭和大学学士会例会, 昭和大学歯科病院 第2臨床講堂, 2016/6/25 (招待講演)
  • 就学前児童の自閉症傾向・アレルギー症状・体格の関連性 ー石川県志賀町における横断調査ー
    堀 大介
    第14回日本予防医学会学術総会, 日本科学未来館(東京都江東区), 2016/6/19 (ポスター発表)
  • 宇宙で過ごした魚の骨格筋はやせるのか?〜宇宙実験の結果より〜
    佐藤 文規
    第14回日本予防医学会学術総会, 日本科学未来館(東京都江東区), 2016/6/18 (招待講演)
  • 微量検体ゲノム・エピゲノム解析の環境ストレス研究への応用
    村谷 匡史
    第14回日本予防医学会学術総会, 日本科学未来館(東京都江東区), 2016/6/18 (口頭発表)
  • 宇宙における創薬ターゲット~オレキシン1受容体選択的拮抗薬の設計・合成~
    山本直司
    第14回日本予防医学会学術総会, 科学未来館, 2016/6/18 (口頭発表)
  • 宇宙微生物学への招待~国際宇宙ステーションにおけるgene ecology~
    那須 正夫
    第14回日本予防医学会学術総会, 東京, 2016/6 (口頭発表)
  • 国際宇宙ステーション「きぼう」における細菌モニタリング
    一條 知昭
    第14回日本予防医学会学術総会, 東京, 2016/6 (口頭発表)
  • Roles of ADAM8 for skeletal muscle regeneration.
    Nishimura D, Sakai H, Sato T, Sato F, Nishimura S, Toyama-Sorimachi N, Bartsch JW, Sehara-Fujisawa A.
    The 24th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages (MMCB2016), Sola city Conference Center, Tokyo, Japan, 2016 Jun 4.
  • Aire陽性髄質上皮細胞に分化するRANK発現前駆細胞の同定
    秋山伸子, 良永理子, 井上純一郎, 秋山泰身
    京都T細胞会議, 延暦寺会館, 2016/5/20
  • 胸腺樹状細胞の成熟あるいは維持におけるRANKシグナルの役割
    良永理子, 秋山伸子, 井上純一郎, 秋山泰身
    京都T細胞会議, 延暦寺会館, 2016/5/20
  • 経皮的ノイズ前庭電気刺激が歩行に及ぼす影響:両側前庭障害症例の検討
    岩﨑真一,藤本千里,木下淳,江上直也,鴨頭輝,牛尾宗貴,菅澤恵子,山岨達也
    第117回日本耳鼻咽喉科学会総会,名古屋, 2016/5/19
  • 低周波騒音曝露が誘発する平衡感覚障害の解析
    大神信孝
    第86回日本衛生学会学術総会 若手プロジェクトシンポジウム, 旭川市民文化会館, 2016/5/11
  • Synthesis of Novel, Potent and Highly Selective Orexin 1 Receptor Antagonists with a Morphinan Skeleton.
    Yamamoto N, Yata M, Ohrui S, Okada T, Saitoh T, Kutsumura N, Nagumo Y, Irukayama-Tomobe Y, Ishikawa Y, Ogawa Y, Kuroda D, Gouda H, Yanagisawa M, Nagase H.
    The 25th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, Keio Plaza Hotel Tama, Tokyo, Japan, 2016 May 15.(ポスター発表)
  • Symposium Bone I Biomarker in skeletomusucular system: Muscle-derived factor affecting bone metabolism.
    Kaji H.
    The 4th Seoul International Congress of Endocrinology and Metabolism (SICEM 2016), Seoul, South Korea, 2016 Apr 28-May 1.
  • 新たな視点で環境中の微生物をとらえる ―家庭から宇宙居住まで―
    那須 正夫
    第33回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会, 東京, 2016/4 (口頭発表)
  • Vestibular rehabilitation.
    Iwasaki S.
    16th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery, Tokyo, 2016 Mar 30.
  • Hypergravity affects muscle and bone through the vestibular system in mice. Kawao N, Morita H, Obata K, Tamura Y, Okumoto K, Kaji H.
    第93回日本生理学会大会,札幌(札幌コンベンションセンター),2016/3/22–24
  • Impact of long term spaceflight on arterial pressure regulation upon head-up tilt. Morita H, Abe C, Tanaka K.
    第93回日本生理学会大会,札幌(札幌コンベンションセンター),2016/3/22–24
  • Hypergravity affects muscle and bone through the vestibular system in mice.
    Kawao N, Morita H, Obata K, Tamura Y, Okumoto K, Kaji H.
    第93回日本生理学会大会,札幌(札幌コンベンションセンター),2016/3/22–24
  • Impact of long term spaceflight on arterial pressure regulation upon head-up tilt.
    Morita H, Abe C, Tanaka K.
    第93回日本生理学会大会,札幌(札幌コンベンションセンター),2016/3/22–24
  • Roles of ADAM8 in elimination of injured muscle fibers prior to skeletal muscle regeneration.
    Nishimura D, Hiramuki Y, Sogabe M, Hori S, Sakai H, Sato T, Sato F, Bartsch JW, Sehara-Fujisawa A.
    CiRA/ISSCR 2016 International Symposia, Clock Tower Centennial Hall, Kyoto University, Kyoto, Japan, 2016 Mar 22. (ポスター発表)
  • Characterization of the selectivity of photodamage-induced chlorophagy in Arabidopsis leaves
    Nakamura S, Izumi M, Ishida H, Hidema J.
    Annual Meeting of JSPP 2016, 岩手, 2016/3
  • Autophagic transport of entire chloroplasts, chlorophagy, is responsible for the chloroplast turnover under sunlight-induced damage in Arabidopsis
    Izumi M, Ishida H, Nakamura S, Hidema J
    Annual Meeting of JSPP 2016, 岩手, 2016/3
  • 骨格筋維持機構の研究-再生医学から宇宙生物学まで
    瀬原淳子
    京都大学同窓会セミナー, チューリッヒ大学(スイス), 2016/3/15 (口頭発表)
  • 身体拘束ストレスによる放射線感受性修飾作用―FISH法によるマウス脾細胞染色体異常の解析―
    勝部孝則
    新学術領域研究「宇宙に生きる」2016ワークショップ, 一橋講堂,東京,2016/3/9(口頭発表)
  • 放射線誘発マウス胸腺腫とゲノム不安定性
    平川博一, 劉翠華,藤森亮,根井充
    新学術領域研究「宇宙に生きる」2016ワークショップ, 一橋講堂,東京, 2016/3/9(口頭発表)
  • 脳波/筋電図を利用したマウスの睡眠ステージ判定
    鈴木悠太, 佐藤牧人, 塩川浩昭, 柳沢正史, 北川博之
    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2016), ヒルトン福岡シーホーク, 2016/3/1
  • 宇宙飛行士の皮膚真菌マイクロバイオーム解析と擬似微小重力環境におけるマイクロバイオームの遺伝子発現変動
    杉田 隆、齊藤知慧、張 音実
    日本薬学会第136年会, 横浜, 2016/3 (ポスター発表)
  • RNA-seq of Malassezia restricta under microgravity: space flight simulation
    杉田 隆、張 音実、渡辺愛弓、齋藤智慧、石岡憲昭
    第89回日本細菌学会総会, 大阪, 2016/3 (ポスター発表)
  • 膜蛋白質のエクトドメイシェディングによる血管-神経相互作用の制御
    瀬原淳子
    科学研究費助成事業新学術領域研究「血管と神経」成果公開シンポジウム, 京都大学大学院理学研究科,
    2016/2/22 (口頭発表)
  • Equipment development to analyze the biological effect of radiation on microgravity
    Takahashi A, Hidema J, Nikawa T, Yoshida Y, Souda H, Kanai T.
    The 6th International Society of Radiation Neurobiology Conference, 長崎大学医学部坂本キャンパス, 2016/2/12-13
  • 正常脳組織における放射線急性障害の微視的解析
    瀬下幸彦, 吉田由香里, 高橋昭久, 倉知 正, 石崎泰樹
    The 6th International Society of Radiation Neurobiology Conference, 長崎大学医学部坂本キャンパス, 2016/2/12-13
  • 3Dクリノスタット放射線同期照射システムの開発
    高橋昭久, 日出間純, 二川健, 吉田由香里, 想田光, 金井達明
    第30回宇宙環境利用シンポジウム, JAXA相模原キャンパス, 2016/1
  • 船外実験プラットホーム(曝露部)実験施設利用を視野に入れた、太陽放射光の植物影響研究
    日出間純, 中村咲弥, 泉正範, 寺西美佳, 高橋昭久
    第30回宇宙環境利用シンポジウム, JAXA相模原キャンパス, 2016/1
  • 心理的ストレスモデルにおける放射線修飾効果
    勝部 孝則, 王 冰, 田中 薫, 二宮 康晴, Guillaume Varès, 川越 大輝, 塩見 尚子, 久保田 善久, 劉 強, 森田 明典, 中島 徹夫, 根井 充
    放射線防護研究センター•福島復興支援本部合同シンポジウム, 放射線医学総合研究所, 2015/12/16 (口頭発表)
  • Probing vestibular function from postural stability.
    Iwasaki S.
    13th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Tokyo, 2015 Dec 3.
  • 重力変化に対する前庭系の可塑性
    森田啓之
    第74回めまい平衡医学会総会, 岐阜(長良川国際会議場), 2015/11/27
  • 経皮的ノイズ前庭電気刺激が歩行に及ぼす影響の検討
    岩﨑真一,藤本千里,木下淳,江上直也,牛尾宗貴,鴨頭輝,西敏子,菅澤恵子,山岨達也
    第74回めまい平衡医学会総会, 岐阜(長良川国際会議場), 2015/11/27
  • オレキシン1受容体選択的拮抗薬の設計・合成
    山本直司, 大類彩, 岡田卓大, 斉藤毅, 入鹿山容子, 小川靖裕, 石川有紀子, 柳沢正史, 長瀬博
    第33回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 幕張国際研修センター, 2015/11/26
  • Current solar UVB radiation causes damage to growth and yield of rice in Japan
    Shoji K, Takano N, Yamagishi T, Teranishi M, Hidema J.
    The 7th Asia and Oceania Conference on Photobiology, Taipei, Taiwan, 2015/11
  • UV-B-induced CPD photolyase gene expression is regulated by UVR8-dependent and -independent pathways in Arabidopsis
    Li N, Teranishi M, Yamaguchi H, Matsushita T, Watahiki MK, Tsuge T, Li SS and Hidema J.
    The 7th Asia and Oceania Conference on Photobiology, Taipei, Taiwan, 2015/11
  • High-fat diet feeding alters social behaviors and sensorimotor system of mice independent of obesity.
    Funato H, Takase K, Oda S, Tsuneoka Y, Kuroda M.
    Keystone Symposia Conference "Diabetes: New Insights into Molecular Mechanisms and Therapeutic Strategies", Westin Miyako Kyoto, Kyoto, Japan, 2015 Oct 26. (口頭発表)
  • ナルフラフィンのOX1R拮抗作用とU-50488Hの嫌悪作用との関係
    長瀬博
    第133回日本薬理学会関東支部会, 柏の葉カンファレンスセンター, 2015/10/10(口頭発表)
  • 骨格筋の発達・維持・萎縮における負荷依存性の分子基盤の理解
    瀬原淳子
    科学研究費助成事業新学術領域研究「宇宙からひも解く新たな生命制御機構の統合的理解」キックオフミーティング, 一橋大学一橋講堂(東京都千代田区), 2015/10/6 (口頭発表)
  • 微小重力下におけるMalasseziaの遺伝子発現変動の解析―宇宙長期滞在にむけた情報取得―
    杉田 隆、齋藤知慧、張 音実
    第65回日本薬学会近畿支部総会・大会, 富田林, 2015/10
  • 微小重力下におけるMalasseziaの遺伝子発現変動の解析―宇宙長期滞在にむけた情報取得―
    杉田 隆、齋藤知慧、張 音実
    第59回日本医真菌学会, 札幌, 2015/10 (ポスター発表)
  • 国際宇宙ステーションにおける微生物モニタリング〜遺伝子発現を指標とした細菌活性評価
    中辻愛子, 手島規美子, 森美紀子, 空閑巨樹, 那須正夫, 内井喜美子, 谷佳津治
    第65回日本薬学会近畿支部総会・大会, 富田林, 2015/10 (ポスター発表)
  • シンポジウム6宇宙医学 宇宙での脳循環変化の研究
    岩崎賢一
    第29回宇宙生物科学会大会, 帝京大学医学部, 2015/9/27
  • 太陽放射光による障害葉緑体を分解するオートファジーの解析
    中村咲耶, 泉正範, 石田宏幸, 日出間純
    日本宇宙生物科学会第29回大会, 帝京大学医学部, 2015/9
  • 宇宙滞在によって変化するゼブラフィッシュの骨格筋トランスクリプトーム
    佐藤文規,Choi Minyong, 内田智,谷垣文章,鈴木穣,川上浩一,瀬原淳子
    日本宇宙生物科学会第29回大会, 帝京大学(東京都板橋区), 2015/9/26 (口頭発表)
  • 国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士の皮膚微生物叢の解析
    杉田 隆
    日本宇宙生物科学会29回大会, 東京, 2015/9 (口頭発表)
  • 疑似微小重力環境が皮膚常在菌 Malassezia の遺伝子発現に与える影響
    張 音実、渡辺愛弓、杉田 隆、石岡憲昭
    日本宇宙生物科学会第29回大会, 東京, 2015/9 (ポスター発表)
  • Role of ADAM8 in elimination of injured muscle fibers prior to skeletal muscle regeneration.
    Nishimura D, Sakai H, Sato T, Sato F, Nishimura S, Toyama-Sorimachi N, Bartsch JW, Sehara-Fujisawa A.
    44th European Muscle Conference, University of Warsaw, Warsaw, Poland, 2015 Sep 22. (口頭発表)

総説

  • サルコペニア
    梶博史
    診断と治療2016;104 (印刷中)
  • Adipose tissue derived PAI-1 function and regulation.
    Kaji H.
    Compr Physiol. 2016. In press.
  • ヒト培養細胞の放射線耐性を向上させる新規タンパク質をクマムシのゲノムから発見
    橋本 拓磨、堀川 大樹、國枝 武和
    東京大学大学院理学系研究科・理学部プレスリリース, 2016/9/21
  • Effects of myokines on bone.
    Kaji H.
    Bonekey Rep. 2016 Jul 20;5:826. doi: 10.1038/bonekey.2016.48. eCollection 2016. Review.
  • 無重力では細胞一つ一つが “やせ細る”
    東谷篤志
    Newton, FOCUS pp12, 2016年4月7日号
  • Revisiting the health effects of psychological stress-its influence on susceptibility to ionizing radiation.
    Wang B, Katsube T, Begum N, Nenoi M.
    Oecologia 2016 Apr;181:1069-1082.
  • 線虫も宇宙で筋肉細く,東北大など,「きぼう」で実験
    東谷篤志,東端晃
    日経産業新聞, 2016/2/8
  • JAXA 東北大学が宇宙実験 体長1ミリの線虫の筋肉やせ細る
    東谷篤志,東端晃
    大学ジャーナルオンライン, 2016/2/1
  • 微小重力下で筋力低下 東北大など「線虫」で実証 運動能力,地上の6割
    東谷篤志,東端晃
    日刊工業新聞, 2016/1/28
  • 宇宙育ちの線虫は虚弱体質 東北大院,国際宇宙ステーション実験で確認
    東谷篤志
    河北新報, 2016/1/23
  • 東北大とJAXA,体長1mmの小さな生き物「線虫」の筋肉も宇宙で育てるとやせ細ることを発見
    東谷篤志,東端晃
    Yahooニュース, 2016/1/23
  • サルコペニアと骨代謝
    河尾直之,梶博史
    最新医学 別冊 診断と治療のABC 2016; 112, 47-53
  • Microbes and Crewed Space Habitat
    Nobuyasu Yamaguchi and Masao Nasu
    Journal of Disaster Research 2015 Dec; 10(6):1022-1024
  • Bacterial Monitoring in the International Space Station – “Kibo”
    Tomoaki Ichijo, Nobuyasu Yamaguchi, and Masao Nasu
    Journal of Disaster Research 2015 Dec; 10(6):1035-1039

その他

講演

  • 宇宙に生きる:宇宙放射線の生物影響研究
    高橋昭久
    第63回北関東医学会総会, 群馬大学医学部刀城会館, 2016/9(特別講演)
  • 低周波騒音が平衡感覚に与える影響
    大神信孝, 押野玲奈, 加藤昌志
    フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー, 東京(昭和大学 旗の台キャンパス), 2016/9/11
  • Revisiting the health effect of psychological stress: Time to focus on its influence on susceptibility to ionizing radiation.
    Wang B, Katsube T, Begum N, Nenoi M.
    Workshop of Radiation Medicine and Protection, The Institute of Radiation Medicine, Chinese Academy of Medical Sciences, Tianjin, China, 2016 Sep 10. (招待講演)
  • The potential of medaka fish to uncover mechanisms of osteoclastogenesis
    Masahiro Chatani
    13th Meeting of Bone Biology Forum, クロス・ウェーブ幕張, 2016/8(招待講演)
  • 幹細胞の増殖・分化制御機構のプロテアーゼ制御
    瀬原 淳子
    第21回 日本病態プロテアーゼ学会, 千里ライフサイエンスセンター(豊中市), 2016/8/5(招待講演)
  • 年をとると筋肉が衰えるのは何故?-再生医学から宇宙生物学まで-
    瀬原 淳子
    京都大学再生医科学研究所 第11回公開講演会, 京都大学百周年時計台記念館(京都市), 2016/7/16(招待講演)
  • Introduction of a project study entitled “Modification Effect from Chronic Restraint-Induced Stress on Mouse Radiosusceptibility.
    Wang B, Tanaka K, Katsube T, Ninomiya Y, Varès G, Liu Q, Morita A, Nakajima T, Nenoi M.
    Workshop of Radiation Medicine and Protection, The Institute of Radiation Medicine, Chinese Academy of Medical Sciences, Tianjin, China, 2015 Jul 14. (招待講演)
  • 有人閉鎖環境滞在研究におけるNIRS活用の試み
    村井 正
    第14回日本予防医学会学術総会,日本科学未来館(東京都江東区),2016/6/19 (ランチョンセミナー)
  • Roles of Meltrin β/ADAM19 in development of the heart.
    Sehara-Fujisawa A.
    Swiss-Kyoto Joint Symposium of Life Science 2016, 京都大学医学部「芝蘭会館」(京都市), 2016 Jun 13.
  • 遺伝子改変メダカから考える骨代謝(招待講演)
    茶谷昌宏
    第15回松本ボーンフォーラム, 信州大学医学部附属病院 臨床講堂, 2016/5/27
  • 低周波騒音曝露による平衡感覚異常の解析
    大神信孝, 押野玲奈, 二宮裕将, 矢嶋伊知朗, 加藤昌志
    第89回日本産業衛生学会学術総会, 福島市音楽堂, 2016/5/25
  • 低周波騒音曝露による平衡感覚異常の解析
    押野玲奈, 大神信孝, 加藤昌志
    第86回日本衛生学会学術総会, 旭川市(旭川市民文化会館), 2016/5/13
  • 高解像度トランスクリプトーム解析が探り当てた新しい放射線応答遺伝子とその生体機能
    藤森 亮
    JAXA宇宙医学生物学ワークショップ,フロントプレイス秋葉原, 東京, 2016/03/03(招待講演)
  • 宇宙放射線の生物影響研究
    「安心・安全のための放射線研究と大学からの情報発信」
    高橋 昭久
    市民公開シンポジウム, 富山大学五福キャンパス黒田講堂, 2015/10