より安全な宇宙放射線被ばく管理に向けた放射線感受性個人差の遺伝基盤の解明- 公募研究 2018-2019

  1. A01 小椋
  2. A01 高橋(秀)
  3. A01 高橋(智)
  4. A01 道上
  5. A01 檜井
  6. A01 湊元
  7. A01 二川
  8. A01 茶谷
  9. A01 川上
  10. A01 秋山
  11. A01 冨田
  1. A02 篠原
  2. A02 三枝
  3. A02 前川
  4. A02 安部
  5. A02 大神
  6. A02 河野
  7. A02 高野
  1. A03 鈴木
  2. A03 中村
  3. A03 原田
  4. A03 小林
  5. A03 宮本
  6. A03 舟山
  7. A03 柿沼
  1. B01 ラザルス
  2. B01 加藤
  3. B01 國枝
  4. B01 北宅
  5. B01 沢野
研究課題名 より安全な宇宙放射線被ばく管理に向けた放射線感受性個人差の遺伝基盤の解明
研究代表者
宮本 達雄
連携研究者
  • 松浦 伸也
    広島大学 原爆放射線医科学研究所・教授
  • 阿久津 シルビア夏子
    広島大学 原爆放射線医科学研究所・助教

現在、我が国の宇宙飛行士の放射線被ばく管理は、国際放射線防護委員会(ICRP)の2007年勧告に準拠している。しかし、現在の被ばく線量限度には、遺伝的な個人差までは考慮されていない。将来的には、放射線感受性の遺伝的な個人差に応じて被ばく線量限度が設定され、より安全な宇宙放射線被ばく管理が期待される。

そこで本研究では、均一な遺伝的背景をもつiPS細胞をはじめとするヒト培養細胞や実験動物(ネズミ)での「ゲノム編集」と定量的な「染色体構造解析」を駆使して、放射線感受性を規定する遺伝子変化が宇宙放射線被ばく影響リスクに与える生物学的効果サイズを評価することにより、テーラーメイドな宇宙放射線被ばく管理に向けた遺伝学的な基盤解明を目指します。