宇宙ストレス克服を目指した転写因子Nrf2の生理機能解析- 公募研究 2018-2019

  1. A01 小椋
  2. A01 高橋(秀)
  3. A01 高橋(智)
  4. A01 道上
  5. A01 檜井
  6. A01 湊元
  7. A01 二川
  8. A01 茶谷
  9. A01 川上
  10. A01 秋山
  11. A01 冨田
  1. A02 篠原
  2. A02 三枝
  3. A02 前川
  4. A02 安部
  5. A02 大神
  6. A02 河野
  7. A02 高野
  1. A03 鈴木
  2. A03 中村
  3. A03 原田
  4. A03 小林
  5. A03 宮本
  6. A03 舟山
  7. A03 柿沼
  1. B01 ラザルス
  2. B01 加藤
  3. B01 國枝
  4. B01 北宅
  5. B01 沢野
研究課題名 宇宙ストレス克服を目指した転写因子Nrf2の生理機能解析
研究代表者
鈴木 隆史
連携研究者
  • 山本 雅之
    東北大学大学院 医学系研究科・教授

人類が宇宙進出を果たすためには、宇宙放射線や微小重力環境などの宇宙環境ストレスによるリスクを克服する手段の開発が必須である。転写因子Nrf2は一群の生体防御遺伝子を活性化し、地上における様々なストレスに対して保護的に働くことが知られているので、宇宙ストレスの防御にも有効であるものと期待される。また、微小重力環境におけるメカニカルストレスに対しても生体保護に働くことが期待される。そこで、本研究ではNrf2遺伝子改変マウスの宇宙滞在実験を行い、宇宙ストレスの克服に対してNrf2活性化が有効であることを検証し、Nrf2を標的とした新たな宇宙ストレス対処法の開発を目指す。さらに、その成果を地上における高齢化社会克服に向けて活用する方策を検討する。