公募研究

A01 宇宙からひも解かれる生命分子基盤の理解

研究課題名 重力依存的な胸腺組織微小環境の機能制御
研究代表者
  • 秋山 泰身
    東京大学 医科学研究所・准教授
研究課題名 感覚神経 ‐ 筋サテライト細胞という新規臓器連関が担う骨格筋恒常性維持機構の解明
研究代表者
研究課題名 メダカを用いた破骨 - 造骨連動における重力応答機構の解明
研究代表者
  • 茶谷 昌宏
    昭和大学 薬理科学研究センター 歯学部・助教
研究課題名 重力に抗した3D臓器形成機構の解析
研究代表者
  • 清木 誠
    山口大学 大学院医学系研究科・教授
研究課題名 無重力ストレスに対する極初期応答酵素(アコニターゼ)の同定
研究代表者
研究課題名 小型魚類を用いた宇宙環境が脳機能・脳構造に与える影響の研究
研究代表者
  • 川上 浩一
    国立遺伝学研究所 初期発生研究部門・教授
研究課題名 宇宙生活での健康リスク低減を目指した運動による生体恒常性の頑健性獲得機構の解明
研究代表者
  • 冨田 拓郎(沼賀 拓郎)
    自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター(生理学研究所)・助教
研究課題名 宇宙環境における線虫の老化とその制御機構
研究代表者
  • 本田 陽子
    早稲田大学 理工学研究所・招聘研究員
    (旧所属:東京都健康長寿医療センター研究所)

A02 生命体が個体として有する高次恒常性・適応機構と生命医学へ展開

研究課題名 宇宙における骨量低下の謎に迫る - 破骨細胞分化因子RANKLの発現メカニズムの解明
研究代表者
  • 篠原 正浩
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科・講師
研究課題名 重力変化に対する免疫システムの可塑性とその破綻:免疫記憶機構へのアプローチ
研究代表者
  • 前川 洋一
    岐阜大学 大学院医学系研究科・教授
研究課題名 宇宙の閉鎖空間を想定した物理的ストレスによる内耳障害のリスク評価と防御法の開発
研究代表者
  • 大神 信孝
    名古屋大学 大学院医学系研究科・講師
研究課題名 閉鎖空間が哺乳類代謝の恒常性維持に与える影響の網羅的解析
研究代表者
研究課題名 宇宙滞在の影響を受けにくい体質をつくるための新規エピジェネティクス理論確立
研究代表者
研究課題名 自律神経系変容と宇宙デコンディショニングへの影響および対抗措置の研究
研究代表者
  • 岩瀬 敏
    愛知医科大学 医学部・教授
研究課題名 微小重力、閉鎖空間における農作物生産を支える要素基盤の形成
研究代表者
  • 古市 卓也
    名古屋経済大学 大学院人間生活科学研究科・准教授
研究課題名 Chronic effects of non-24 hour solar days
研究代表者
  • 明 智煥
    沖縄科学技術大学院大学・客員研究員
研究課題名 生体リズム内的脱同調の健康影響と脆弱性要因の解明
研究代表者
  • 北村 真吾
    国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所・室長

A03 宇宙に生きるためのリスク研究とそれらの克服

研究課題名 宇宙リスク管理のためのナノマイクロデバイスを用いたDNA損傷検出システムの開発
研究代表者
研究課題名 放射線被ばくが主要臓器に及ぼす影響に迫る「遺伝子改変動物を用いた時空間解析」
研究代表者
研究課題名 宇宙放射線の重粒子成分が誘発するクラスターDNA損傷の解析と生物影響
研究代表者
研究課題名 微小重力環境における宿主 - 病原体の相互作用変化をもたらす分子基盤の解明
研究代表者
  • 白井 睦訓
    山口大学 大学院医学系研究科・教授
研究課題名 宇宙放射線被ばくによる発がんリスクの推定:病理およびゲノム変異解析から
研究代表者
  • 柿沼 志津子
    量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所・部長

B01 上記研究項目の研究を繋ぐ横断的な研究、どの項目にも属さない補完的な研究

研究課題名 低体温誘導の記憶へのリスクと可塑性
研究代表者
研究課題名 極限環境の生体影響非侵襲解析マウスモデル系の樹立
研究代表者
研究課題名 遺伝子機能阻害系を用いた動物の極限環境耐性に必須な遺伝子の同定と耐性再構築の試み
研究代表者
研究課題名 高次ストレス下での社会性機能の維持機構の解明
研究代表者
  • 島田 浩二
    福井大学 子どものこころの発達研究センター・特命助教
研究課題名 宇宙での生命維持に必須の食料生産・物質循環・健康維持機能を担う植物システムの構築
研究代表者
  • 北宅 善昭
    大阪府立大学 大学院生命環境科学研究科・教授
研究課題名 疑似宇宙環境における基本的生命現象の可視化
研究代表者