宇宙環境が生命に及ぼす影響を可塑性・不可逆性の観点から解き明かすことを目指します

領域代表 古川 聡 からのメッセージ

古川 聡

医師かつ宇宙飛行士である私は平成23年、5ヶ月半の宇宙滞在で極限的ストレスを経験しました。

「これらは相乗的に作用するのでは?地上でも関連する問題があるのでは?」

との問いから、統合的な連携研究が必要との強い認識に至りました。

NEWS & TOPICS

2016-07-12
公募研究のページを公開しました。
2016-05-26
~27
早稲田奉仕園スコットホール講堂にて、第1回全体会議が開催されました。
28公募班と11計画班の代表が集まり、研究紹介及び活発な議論と情報交換が行われました。
2016-04-22
計画班、公募班の初の顔合わせがJAXAつくば宇宙センターにて開催されました。
各公募班の簡単な研究紹介の後、閉鎖施設見学を行いました。
その後の意見交換会では、短時間ながら和やかで有意義な時間を共有することができました。
2016-04-01
公募研究が採択されました。
2016-03-10
本年度の領域 ワークショップ(班員対象)を一橋会館で開催しました。9日は若手研究者中心の発表とポスター発表、10日は計画班からの研究進捗報告を行いました。
2016-03-09
新領域「宇宙に生きる」ニュースレター第1号を発行しました。
2015-11-10
平成27年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(国際活動支援班))の交付内定。
2015-10-06
一ツ橋講堂でキックオフ・ミーティングを開催いたしました。領域関係者を含めて130人以上の研究者に参加して頂きました。こちらの様子は、マイナビニュースの記事で紹介されています。
2015-09-14
本研究領域のキックオフ・ミーティングを開催します。(開催日時:2015年10月6日(火) 13:15~16:50)詳細は[キックオフ・ミーティング]をご覧ください。
2015-09-01
公募研究(平成28年度~29年度)の募集が開始されました。詳細は[公募研究募集]をご覧ください。
2015-06-29
平成27年度科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」の新規の研究領域に係る研究課題として交付内定。